トップ    漆刷毛の送り方     初めての方へ   価格表    お支払い方法       

実例4−竹内さん・1寸

トップ  >   他店製の切出ほぐし実例−4 竹内さん製

 

実例1 刷毛庄さん   実例2 田中さん    実例3 今井庄兵衛さん  実例4 竹内さん

実例7 竹内さん 毛厚と巾サイズの分割

今回は竹内さん製作の本通し1寸8分が届きました

硬くてほぐせないので、なんとか使えるようにして欲しいとのご希望です。

根元が固まっていますので、先端を切り落とします。

長さ、角度を決めて鋸をいれます。

毛先を尖らせます。

極度に硬いので、鉋刃で砲弾型にはできません。

三角型になります。

関西系の漆刷毛は極度に毛先を固めてあります。

強く叩くと毛が折れて切れてきます。

ゆっくりと数日に分けて叩いていきます。

仕上り。10日間とやや時間がかかりました。

 

トップ  >   他店製の切出ほぐし実例−4 竹内さん製

漆刷毛のメンテナンス・サポ−ト 加工修理 切出し ゴミ出し

 

内さん刷毛1寸8分の漆刷毛、以上の作業の加工代は、 3.500円 です。

   もちろん、税込、送料無料 送金料無料です。

 価格表はこちらです

これで、使えなかった漆刷毛がご使用になれます。

硬くてほぐせなかった刷毛がようやく使える、と大変喜ばれました。

ひろしげでは他店製作の漆刷毛もメンテナンス・サポ−トいたしております。

漆刷毛の加工、修理の経験値は日本一