漆刷毛のメンテナンス・サポ−ト 切出し 板の貼り替え 柄をつける 巾サイズの分割

トップ    漆刷毛の送り方     初めての方へ   価格表    お支払い方法       

七世 泉清吉刷毛

トップ  >  七世 泉清吉刷毛

 
今回はとても貴重な漆刷毛のメンテナンスをさせていただきました。なんと、祖父の七世・泉清吉刷毛です

さらに、押してある印を見ますと、まだ登録商標泉清吉ではなく、ただの商標・日本一だけです。

泉のマ−ク字体、紫色から判断して大正時代−昭和時代初期のものですね。

私のところでも保存数は少ない貴重品です。

毛先を見ると80−100年近く経っているのに傷みが少ないです。

よほどAさんの保存が良かったことと思います。

これなら再生可能ですね〜

先端を鋸で切り落とします。

スゴイ! 下の写真

これだけの年数が経っていても、キッチリと固まっています。極上の毛固め。さすがは名人の祖父の仕事。

油が少しも染み込んでいないので、たぶん未使用ですね。

大事にして保存されていたのだと思います。

切出しをしました。

まったく問題なし。

そして、砲弾型に仕立てます。4−5年前の漆刷毛のようです。

丁寧に祖父の顔や仕事振りを思い出しながら、丁寧に叩きほぐしていきます。

毛切れもありません。まったくきれいに仕上りました。

トップ  >   七世 泉清吉刷毛

 

七世 泉清吉刷毛1寸5分の漆刷毛、以上の作業の加工代は、 3.000円 です。

   もちろん、税込、送料無料 送金料無料です。

 価格表はこちらです

これで、貴重な80−100年前の七世・泉清吉の漆刷毛がよみがえりました。

大事な漆刷毛がようやく使える、と大変喜ばれました。

おかげさまで私も祖父に会うことができました。Aさん有難うございました。

漆刷毛の加工、修理の経験値は日本一